那覇港管理組合
クルーズ船専用バースの整備
リゾート沖縄
世界遺産
観光地
東アジアの交易拠点
キーストーン(要石)
那覇港の現状
那覇港コンテナトランシップの可能性
純民間企業によるターミナル運営実現
国際コンテナターミナルの施設概要
那覇港におけるパイロットとタグサービス
公募による後背地開発
海空を直結する海底トンネル
自由貿易地域(FTZ)

 
 
 
那覇港には年間60隻近くの定期および不定期の国際クルーズ船が訪れる日本有数のクルーズ寄港地です。現在、大型旅客船に対応した専用岸壁が無いため、暫定的に貨物岸壁を利用していますが、今後、増加の見込まれるクルーズ船寄港に対応するため、市街地に近接する泊ふ頭若狭地区に2009年までにクルーズ船専用バースを整備する予定です。クルーズバースから、繁華街、国際通りまでゆっくり歩いてわずか15分。白砂のまばゆい波の上ビーチや中国庭園福州園で一服するのも…。日本の南の国際交流拠点を目指し国際クルーズ基地の形成をめざします。
 
 
次のページ
 
〒900-0035 沖縄県那覇市通堂町2-1
TEL(098)868-4544 FAX(098)862-4233
kumiai@nahaport.jp

Copyright(c)2002-2006 Naha Port Authority